テーマ:展覧会

若冲の動植綵絵を見て その4

  「なぜ水に触れることができないのかしら。私は死んでいるので、何も感じることができないのでしょうか。」 「いえ、自分の体に触ることはできるでしょう?つねったら痛いでしょう?だからあなたは死んではいないのです。人は誰しも、自分の心の中にあるものしか見ようとしません。これはあなたの心の中を流れる川なのですよ。」 群れをなして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若冲の動植綵絵を見て その3

翌日から私の境遇は一変しました。私は要領が悪くてほかの方の足手まといになるばかりか、掃除したはずの場所にゴミが残っています。すぐに目が悪いのが知れてしまいました。主人の顔つきは険しくなり、不具のものはいらない、村に帰れと暇を出されてしまいました。取り付く島もありませんでした。 私は困りました。宿場町の店を片端から訪ねまわりましたが、誰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若冲の動植綵絵を見て その2

隠居後の若冲はどんな生活をしていたのか。さらに私は想像をめぐらしてみた。 京都の家は門口が狭く奥行きが長い。中央には採光と通気のための中庭がある。若冲はその中庭に羽のきれいな鶏を集めて飼育場にしている。朝の時を告げることから始まって、甲高い鳴き声やらバタバタする羽音それに争い喧嘩騒ぎで一日中やかましい。あちこちが糞便で汚れて羽根が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若冲の動植綵絵を見て その1

 平成二十八年の四月から五月にかけて上野の東京都美術館で伊藤若冲の展覧会があった。若冲は近年になって特に注目されるようになった江戸時代の絵師で、展覧会では代表作である「動植綵絵」三十幅が「釈迦三尊図」三幅と共に展示されるとのことだった。これはめったにない企画で、開催前にNHKが数回にわたり若冲の特集を組んだほどだ。番組ではアイドルグルー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

牧谿 遠浦帰帆図  その2

     (牧谿 遠浦帰帆図  (もっけい えんほきはんず) その1からの続き)  風は順風で、波を切りながら面白いほど速く船は進んだ。これは幸先がよいと商人は言った。湖の小島の脇をすべるように通り過ぎ、その日の夕刻には湖が長江に流れ込むほとりの町についた。舟を乗り換えるために二人は降り立ち、次の船を待つ間その町に逗留することにな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

牧谿 遠浦帰帆図  その1

       牧谿 遠浦帰帆図  (もっけい えんほきはんず)  その1  2014年の秋に三井記念美術館で 東山御物の美 という展覧会があり、私はそこでこの絵を見た。 http://www.kyohaku.go.jp/jp/syuzou/meihin/chuugoku/item07.html       古い水墨画である。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘレン・シャルフベック

ヘレン・シャルフベック  東京芸術大学大学美術館でヘレン・シャルフベックの展覧会が開かれていた。この画家の名前は今回初めて知った。1862年から1946年まで生きたフィンランドの画家である。      フィンランドに行ったことはないのだが、好きな国である。シベリウスやメラルティンなど、お気に入りの作曲家がいる。国土をおおう森と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弱法師(よろぼし) 下村観山 (その4)

  (その3からの続き)  梅の花は散り、私はその後毎日のように四天王寺の西門あたりに出かけ、弱法師の消息をたずね歩きましたが何の手がかりも得られませんでした。そう言えば最近見かけないねえ、どこかで死んだんじゃないの、と言われるのが関の山で、しばらくすると弱法師のことも忘れられてしまったようでした。息子を探し出す手立てはなくなった…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

弱法師(よろぼし) 下村観山 (その3)

   (その2から続く)  そんなことの間に、私の店の方でもいろいろごたごたがありました。こんなことをあなたに聞かせても仕方がないが、先代が亡くなった後、店を二分する騒動になりましてな。あのわがままな妻と番頭が組んで、店を乗っ取ろうと企てたのです。その頃には私もだいぶ自信をつけていまして、決して許しませんでした。先に手を打って確た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弱法師(よろぼし) 下村観山 (その2)

    (その1からの続き)  何年かたったある時、私は幼い晴徳丸が庭にしゃがみこんで何かに熱中して描いているのに気が付きました。近づいてみると、枯れ枝で地面に絵を描いているのです。何か動物の形とか、木や草や人の顔などが地面にびっしりと書かれていました。きっと誰からも相手にされず、一人でずっと絵を描いて遊んでいたのでしょう。それが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弱法師(よろぼし) 下村観山 (その1)

 日本画家下村観山、本名晴三郎は明治6年和歌山市の生まれである。下村家は代々紀州徳川家に仕える能楽の家系であったのだが、明治維新後は禄を失い観山8歳の時一家で上京する。幼くしてすぐれた画才を示し、狩野芳崖、橋本雅邦に師事、13歳の時の絵をフェノロサに賞されるほどであった。横山大観とともに岡倉天心率いる東京美術学校第一期生として入学、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャン・シメオン・シャルダン その3

     (その2から続く)  私は信じていたいの。これからはきっといいことがある、すてきなことはかならずやってくるって。毎日毎日がつらくて、泣きたくなるようなことがいっぱいあって、家に帰っても一人ぼっち、しょんぼり座っているだけにしても、私は信じていたいの。こんなにひどい日ばかりじゃない、やけをおこしてみたところでどうに…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ジャン・シメオン・シャルダン その2

 (その1からの続き)  さあうまくいったぞ。簡単なもんだ。これで今夜も楽しめる。ちょっと金額は少ないが、まあいいだろう。これだけあれば、芝居を見て、飲んで、カードをやって、今夜こそ一山あてるぞ。仮面をつけてしまえば完璧さ。俺はなんだってできる。なんだってやってみせる。  まったく女というものはバカだ。こちらが大胆に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャン・シメオン・シャルダン その1

 シャルダンという画家がいる。18世紀フランスの宮廷画家で、果物やガラスコップの描かれた静物画、子供をたしなめる母親などの人物画など、忘れがたい絵画を残している。派手なところは全くない画家なので、大きく取り上げられることはあまりなかった。フランス革命前のルイ15世の時代に生きて、王の信頼厚くアカデミーの会計官、サロンの展示職にま…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

飛騨の円空

 東京国立博物館に 飛騨の円空展 を見に行った。  日本の広い地域にまたがって、独特の荒い彫り跡を残す仏像が残っている。一見雑な作りで、普通の仏像を見慣れた目には完成されたようには思えないが、それでいてなかなかあじわいがある。それは信じられないほどの相当数に上るのだが、驚くべきことに円空という僧侶がたった一人で彫ったものらしい。そ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

エジプトファラオの永遠の命 その4

   (その3からのつづき) テサケウム達がじっと待つ場所に、ラー神の船が次第に近づいてきた。巨大であった。大きな船に、神殿がそのまま乗っていた。ラーの船が水を切って進むと、波は星々できらめいた。 テサケウムは息をひそめた。見張りのたくさんの神々がはっきりと見てとれる。しかしテサケウム達に気づいてはいない。ラーの大船はテワケウム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エジプトファラオの永遠の命 その3

  (その2からの続き) ネフベト神は声を発した。耳の鼓膜が破れんほどの大音響であった。翼を広げ、次第に体がふくれあがって巨大になっていく。神殿が大きく震え、天井の石材が崩れた。1回の羽ばたきで神殿は砂埃に包まれた。大王の不肖の息子たちは、雲の子を散らすように神殿から走り出ていく。 巨大なネフベト神は不気味な声をあげながら羽ばた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エジプトファラオの永遠の命 その2

   (その1からの続き)  数多くいる王の子供の中に、テサケウムという名前の息子がいた。いつも宮殿のなかの薄暗い図書館にいて、パピルスばかり読んでいた。大王の図書館は巨大であった。大王の力で集められるだけ集めた記録、書物、粘土板、石板が数十の部屋に分かれて保管がしてあり、さらに次々と運び込まれる資料の山で、図書館専門の何名もの書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エジプトファラオの永遠の命 その1

エジプトファラオの永遠の命 大英博物館 古代エジプト展 森アーツセンターギャラリー 2012 ツタンカーメン展 上野の森美術館 2012  を見て  古代エジプトには3000年の歴史がある。それは我々の文明社会が出現してからの時間よりも長い。王朝の数は30を数え、そのなかで栄枯盛衰の繰り返しがあり、プトレマイオス朝のク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時間の庭  ユベール・ロベール展を見て その2

(その1から続く)  娘はユベールの手をとった。娘の輝くような美しさに圧倒されて、ユベールは抵抗する事ができなかった。娘は絵の中に入っていった。ユベールもまた、大きな窓から外の世界に出て行くように、絵の中へと歩みを進めた。すると、まるで時計の針が逆回転するように風景が変わりだした。木々はその高さを減じ始め、草はその生えている範囲を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルドンとその周辺  夢見る世紀末 三菱一号館美術館

三菱一号館美術館 岐阜県美術館蔵 ルドンとその周辺  夢見る世紀末                     展覧会:http://mimt.jp/redon2012/           深淵の上にあるあの国籍のない場所こそ私にふさわしい                     芸術家のうちあけ話    ルドン 私自身に …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京故宮博物院 清明上河図

 中国から途方もない一級の絵画や書物来るらしいというので、見にいく事にした。  最近の日本と中国の間は何かと軋轢が多い。巨大な人口と経済力で急速に力をつけている中国だが、13億といわれる人間を、いまや共産主義とは名ばかりの老朽化した硬直政治組織がコントロールできるはずがなく、はたから見ていてもはなはだ危なっかしい。まあ中国の歴史を見れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三井記念美術館 能面と能装束 神と幽玄のかたち

 ネットで簡単に見た範囲では、三井の家の起源はどこまでたどれるかはっきりとしていないらしい。武家として刀を振り回していた一族の中から、慶長年間(安土桃山時代)に松坂の地で商売を始めた者が出た。子孫には、商才があり大胆に行動することで家を大きくする者がいる一方で、逆境のときは手堅く守りに入る、そんな数々の人材に恵まれたのだろう、三井家は数…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

プラド美術館所蔵 ゴヤ---光と影

 ゴヤ展の展覧会の告示を見ていたら、小学校3年生くらいの理科の時間を思い出した。水槽があって、水草がある。その底には何か生き物がうごめいている。ああ、ヤゴだ。トンボの幼虫。冬の間学校のプールは水が張られていて、その水底でヤゴが繁殖している。春のプール開きの前の大掃除では、ほとんどの水を抜いた後、残った水溜りにいるヤゴを網ですくう。それを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランシスコ・ゴヤ   カルロス4世の家族

 昔、スペインにフランシスコ・ゴヤという画家がいた。アラゴン地方の片田舎に生まれ、決して豊かとはいえない家庭に育ち、絵筆1本に己のすべてを賭けた。挑みかかるような目、がっしりとした体格、並外れた精力、みなぎる野心が彼の持つすべてだった。誰よりもよく見て、誰よりも学び、誰よりも努力し、誰よりも深く考えることによって、眼の前に現れる課題を乗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

速水御舟 炎舞

 速水御舟の 炎舞 を見た。  大正14年の夏、御舟は妻と2人の子供とともに、軽井沢の別荘で過ごした。御舟31歳のときのことである。軽井沢はすでに別荘地として名が通っていたが、まだ人口は少なく静かな町だった。夜ともなればあたりは真っ暗となるのだが、別荘の庭で妻や幼い娘たちと肩を寄せ合って一緒に焚き火をした。楽しいおしゃべり、ゆらめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出光美術館  明・清 陶磁の名品

出光美術館  明・清 陶磁の名品 官窯の洗練、民窯の創造  ネット上で展覧会案内を見ていたら急に行きたくなった。東京丸の内、ビルの立ち並ぶ一角にある出光美術館の 明・清 陶磁の名品 の展覧会である。ある夏の日、朝から晴れ上がってうだるように暑い昼下がり、天気予報では南の湿った空気が日本列島に流れ込んでいて大気の状態が不安定になり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

駒井哲郎 1920 - 1976 ―こころの造形物語―

海底の祭 1951  記憶のそこにうごめくイメージはもともと具象化が困難なぼやけたものでしかない。この版画家はそれにはっきりとした輪郭線を与え、濃淡や質感を決めていく作業を行なった。心はきっと海に似ている。海の底の夜が明けるころ、小さな生き物たちが次第に規則正しく呼吸をはじめ、それに合わせて底に沈んだ記憶の数々が目を覚ます。あたたかい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山種美術館 百花繚乱

鈴木其一 四季花鳥図  鈴木其一の絵を見ていると、つい「あ、鈴木君の絵だ」と思う。いくつか見ただけで偉そうなことは言えないのだが、超一流と呼ぶには今一歩だった鈴木君の努力の跡がほほえましくて、彼の絵を見るたび、オー、鈴木君、ガンバッタネ。と声をかけたくなる。きっと師匠の酒井抱一隠居殿様も、鈴木君、鈴木君、と言って可愛がっていたのに違い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more