若冲の動植綵絵を見て その4

  「なぜ水に触れることができないのかしら。私は死んでいるので、何も感じることができないのでしょうか。」 「いえ、自分の体に触ることはできるでしょう?つねったら痛いでしょう?だからあなたは死んではいないのです。人は誰しも、自分の心の中にあるものしか見ようとしません。これはあなたの心の中を流れる川なのですよ。」 群れをなして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若冲の動植綵絵を見て その3

翌日から私の境遇は一変しました。私は要領が悪くてほかの方の足手まといになるばかりか、掃除したはずの場所にゴミが残っています。すぐに目が悪いのが知れてしまいました。主人の顔つきは険しくなり、不具のものはいらない、村に帰れと暇を出されてしまいました。取り付く島もありませんでした。 私は困りました。宿場町の店を片端から訪ねまわりましたが、誰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若冲の動植綵絵を見て その2

隠居後の若冲はどんな生活をしていたのか。さらに私は想像をめぐらしてみた。 京都の家は門口が狭く奥行きが長い。中央には採光と通気のための中庭がある。若冲はその中庭に羽のきれいな鶏を集めて飼育場にしている。朝の時を告げることから始まって、甲高い鳴き声やらバタバタする羽音それに争い喧嘩騒ぎで一日中やかましい。あちこちが糞便で汚れて羽根が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若冲の動植綵絵を見て その1

 平成二十八年の四月から五月にかけて上野の東京都美術館で伊藤若冲の展覧会があった。若冲は近年になって特に注目されるようになった江戸時代の絵師で、展覧会では代表作である「動植綵絵」三十幅が「釈迦三尊図」三幅と共に展示されるとのことだった。これはめったにない企画で、開催前にNHKが数回にわたり若冲の特集を組んだほどだ。番組ではアイドルグルー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more