飛騨の円空

画像

 東京国立博物館に 飛騨の円空展 を見に行った。
 日本の広い地域にまたがって、独特の荒い彫り跡を残す仏像が残っている。一見雑な作りで、普通の仏像を見慣れた目には完成されたようには思えないが、それでいてなかなかあじわいがある。それは信じられないほどの相当数に上るのだが、驚くべきことに円空という僧侶がたった一人で彫ったものらしい。そんな話を美術の教科書にのる円空仏の写真を見ながら授業で聞いた。今から何十年も昔のことだ。それ以来円空仏には縁がなかったのだが、展覧会を紹介するテレビ番組を見ていたら急に行きたくなった。

 国立博物館の中の一区画が円空展の会場だった。チケットを買い会場入り口に近づくと、遠くから人波の上に背の高い円空仏が2体見える。仏像が鑑賞者を迎え入れる演出なのだと意識はしたものの、係員にチケットを切ってもらって会場内に歩み入る間、力強い雰囲気を発する仏像から目を離すことができなかった。
 
画像
 
 会場に踏み入れると2mを超える大きな像が幾体も盆状に並んでいて、圧倒的な歓迎ぶりだった。円空の仏像は皆こじんまりとした小型のイメージを勝手にもっていたので、ふり仰いで見ることになったのは意外であった。どの仏像にも、ざくざくとのみを操る円空の手の勢いがそのまま刻まれていて、作成当時の横たえた仏像に熱狂して彫り進む円空の姿が目に見えてくるようであった。名人円空だってたまには手が滑って削りすぎてしまい、あっしまった、とか声をあげなかったのかな、いやいや円空はかなりの彫り手であったから、多少の削りすぎくらいいともたやすく修正したに違いない、などと考えた。
画像

目のあたりの表現が独特で、どうしてこういう表現になったのだろう。突出気味の目はかっと見開いているはずだが、瞳のかわりになぜか横に稜線が入っている。目を見開いていながら目を閉じているようだ。いやいやそうではなくて、眉など目の周りの放射状の強い線と相まって、これは仏の眼光の鋭さを表したかったのだろう。世の中の悪を退散させるために円空があみだした表現なのだろう。
画像

三十三観音立像
仏像としてはこれ以上略せないほど簡略に作られている。衣は皺をクリスマスツリーの記号のようにして大雑把だが、顔は比較的丁寧、しかし眉や眼などは簡単に筋をつけただけである。そのお顔のなんと優しいことか。そのお顔を見ているうち、これは人が人に見せるもっとも優しい顔ではないか、母が子に対する時の慈しみの顔なのではないかという気がしてきた。円空はこういう優しいお顔を、生涯かけて追い求めたのだはないだろうか。
私は像の前を行ったり来たりし、裏側から覗いてみたり、遠くから見たりして、しだいに落ち着かない気分になった。
このようなものを彫り続けること、生涯通して万の単位の仏像を彫ることなど、尋常なことではない。仏像制作の注文や貧しい人のために彫りたいなどという他者に向かう願いだけで、これほどのエネルギーを持続させることは、人間には多分できない。円空は、自分の心が抱える問題を解決することができなかったので、生涯仏を彫り続けざるをえなかったのではないか。埋めることのできない大きな空洞が心にあいていたから、円空はいくら彫っても満たされることがなかった。仏を彫っていなければ、円空は生きていくことができなかった。ただひたすら仏を彫り続けることで、かろうじて円空は細い架け橋でこの世とつながっていたのではないか。

円空はこんな和歌を詠んでいる。

  めもミへず 己か心ハ 暗(やみ)ならで 位(くろう)の山の けむりくらべに
  よもくらし 己か心ハ 暗(やみ)なれや 雨は降りぬる 鳴門橋
  寒きよの みよの衣も うすくして あさけゆふけの 燈(ともしび)もなし

自分の心に巣くう闇を、自覚されていたのだろう。

画像

円空は300年以上前の江戸時代の人である。(1632‐1695)美濃(岐阜県)の長良川の近くに生まれた。私生児(まつばり子)として生まれ父を知らなかった。7歳の時(一説では19歳)母を木曽川の洪水で失ない、寺に預けられたという。23歳で寺を出たらしいが、その頃の円空の足取りは分からない。31歳のとき仏像を彫っていたという記録がある。生涯に12万体の仏を彫るという願を立て、北海道、東北、関東、中部、近畿に至るまで、放浪しながら仏を彫り続けた。今でも数千の仏像が残っている。晩年は故郷に帰り長良川のほとりで亡くなった。享年64歳。
画像

柔和にほほ笑んでいる。円空以前に作られた仏像は、これほどまでに人なつこくほほ笑んでいただろうか。人が人に示すことができるもっとも優しい表情。母がわが子を見つめる表情。円空には永遠に失われた、決して手に届くことのない優しさ、安らぎ。かつてそれらを彼にもたらしてくれた母の供養のために彫る。再びそれらを求めて彫る。すなわち自分のために彫る。しかしそれだけでは彼は癒されず、どう頑張っても安らぎを得ることがない。彼を愛する人はいない、必要とする人すらいない。今日彼が死んでも誰も気付かない。彼を大切にした唯一の人は、とうの昔に死んでしまった。
 しかし一方で彼は、彼の周囲にいる人々もまた、苦しみ、悲しんでいることを知っている。虐げられてみじめに死んでいく人はいくらでもいた。時は江戸時代、すでに身分制度は固定化し、貧しき農民は武士である支配層から搾取されていた。雨漏りし隙間風のある家に住んでいて、十分な食べ物や着物もない。大雨が降れば川は氾濫し、日照りが続けば米は枯れてしまう。自然の猛威の前にはなすすべもなく、病になれば治療の手立てはなくただ死を待つばかりだ。
画像

 円空は苦しみを抱えた人間であったから、他人の苦しみを感じることができた。彼の心は痛んでいたから、他人の痛みを理解することができた。悲しみを知っていたから、人の悲しみを慰める仏を彫ることができた。自分のための行為が、他人のための行為と重なる。他人を救おうとすることが、自分を救うことにつながる。円空は仏を彫ることしかできないから、できることはただそれだけだったから、ひたすら仏を彫り続け、そして出来上がった仏を、傷ついた者、悲しんでいる者、希望を失った者に手渡していく。仏の顔は限りなく優しい。手渡された人々にとって、それがどんなに慰めになったことか。手渡された仏によって、どれほどの人が癒されたことか。これはまさに、仏教でいうところの慈悲ではないか。円空仏は、仏の慈悲が形になって、この世にあらわれたものではないか。その円空の志の高さ、心の尊さを感じた時、私はとんでもないものを目にしているのだ、ということを実感した。
 
 私は感動してしまい、仏像の前で手を合わせるべきではないのかとは思ったが、ざわついている会場内を見回してみても合掌している人はいない。一人拝んでいたらかっこ悪いので手を合わせることはしなかったのだが、今ではそのことを少し後悔している。家に帰ってきて、カタログの図版を見たりネットの円空仏の画像を見ていても、たいして尊いとは思えない。やっぱり本物でないとだめらしい。

 不信心な私は、仏像を見て自ら手を合わせようとした経験を、これまでしたことがなかった。運慶快慶達の素晴らしい仏像を見たことがある。京都奈良でたくさんの仏像を見たことがある。しかしあれらはプロの彫刻家の手になる像であって、時の権力者が高額の金を支払って手に入れたものだ。いわば仏像でありながら商品でもあるという一面を持つ。しかし円空の仏は違う。粗末な円空仏を数多く作っても、売り物にはならない。円空は托鉢によって生活の糧を得ていたのであって、仏像を売って生活していたのではない。

  たひなから 人の心は 暗(やみ)なれや ミしかき世々ニ 語ルマもなし
  法の道 心の内の 乱髪 とかて此世を 過ごしぬる哉
  此は海 浮世の中は 旅なれや 渡せる船も 先は白波

画像

 父なし子として生きることが子供にとってどれだけつらいことか。いじめられ、差別され、辱めを受けた。ただ彼の母だけが彼を守り、慰め、勇気づけてくれた。その大切な母は、彼が7歳の時、木曽川の洪水で死んでしまった。川に流される母親を、彼は見たかもしれない。彼の心はすさみ荒れたのではないだろうか。膨大なエネルギーをもともと持っている人だ。悪いこともしたに違いない。名前を円空にしたのは、たぶん、円くもなく、空にもなれなかったからだ。はたち過ぎで預けられた寺から出奔し、日本各地を放浪した。しかし彼は完全に見捨てられていたわけではなかった。彼に仏像を彫ることを教えた者がいる。仏師として生きていけるよう指導した者がいる。円空は仏を彫ることに生きる道を見出し、その後とりつかれたように仏を彫り続けることになる。

 寡黙な人だった。故郷を捨てていたから、出生地を聞かれても答えなかった。12万体の仏像を彫るという願を立てたということは、40年間で成し遂げるにしても、1日10体ほどのペースで彫り続けなければならない。あまりに無謀な数。この人は最初から死ぬ覚悟である。自分の生活のことなどはとうに捨てている。それでも生き続けたということは、相当頑強な体を持っていたのだろう、山中の岩の下でひたすら仏を彫り続けたこともあったが野垂れ死にはしなかった。仏像が出来上がると村人たちに渡しにいく。もしくは村人たちが尋ねてくる。その時だけ円空は他人や世間とつながっていた。
画像

 木端仏のような枯れ木に顔をつけただけの簡単な仏像も含めれば、1日10体くらい作れたかもしれないが、作った仏像をすべて人々に配ることはできたのだろうか。12万人もの人と出会って仏像を手渡すことは、そもそもできない相談ではないか。
これは想像にすぎないが、円空は手渡すことのできなかった仏像を、道端の石に、木のうろに、野原の花々の中に 置くこともあった。それはこの世に生きとし生けるもの、鳥や獣、這い回る虫達のためのものだ。山中に置き、川に流し、人里に置いていく。置かれた仏像には雨が当たり、風に飛ばされ、虫に食われて次第に粉々になっていく。現在数千の円空仏が残っているが、残り10万ほどの仏像は、朽ちて土となり、日本の大地へと戻ってしまった。それもまた円空が望んでいたことのような気がする。
画像

薬師如来
ポーズがちょっと軽い雰囲気をかもしだしている。
病気の人の枕元に立って、
「ハーイ元気?
病気だってねー、困ったねー。でも大丈夫だかんねー、きっとよくなるよー、あんしん、あんしん。」

さらに具合が悪くなっても、
「ハーイ元気?
元気ないのー、困ったねー。でも大丈夫だかんねー、怖いことはないからねー、あんしん、あんしん。」

いよいよ死にそうになれば、
「ハーイ元気?
死んじゃいそうなのー?困ったねー。でも大丈夫だよー、いつまでも一緒だからねー。あんしんだよ、あんしん。」
画像

長い旅路の果てに、たどり着いたほほ笑みである。
多くの苦しみや悲しみの果てに、たどり着いたほほ笑みである。
限りない優しさに満ちた、ほほ笑みである。

在(あり)かたや 出羽ノ宕崫(いわや)に 来て見よや けさの御山の 仏なりけり
わすれては 花かとそ見る 白雪の 君が心は 春はかりなり
遊ぶらん 浮世の人ハ 花なれや 春の初めの 鶯の音(こえ)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
むかし、あったと。ある村に愚か者があったと。
あるとき川から水くんで来いと言われて、持って行った桶には穴が開いていたもんだから、ちょろちょろと途中でこぼれてしまった。着いた時には桶の中に水はいくらも残っていなかったのだが、それがなぜだかわからない。それでまた同じ桶を持って水を汲みに行くもんだから、いつまでたっても水汲みが終わらなかった。
もうすぐカラスがぼたもち持ってくるぞ、と言われてその気になって、カラスの止まっている枝の下でずっと口をあけて待っていた。カラスたちはカアカア騒いで、糞を顔にひって飛んで行ってしまった。カラスに馬鹿にされた上、悪ガキたちにさんざんからかわれた。
川へ泳ぎに行って、泳いでいる間に褌を取られてしまった。ちんちん隠さんでおでかけかい、やーい、とはやし立てられても、別段困ったふうでもなく、ぶらぶらさせながら一緒に喜んで笑っておった
この母親がまただらしない女で、父なし子のこの愚か者をよう育てんで、馬鹿を理由に息子を捨てて男と一緒にどこかへ行ってしまった。その後育てたのは口うるさいばっかりの婆で、ある冬風邪ひいた後あっけなく死んだ。残された愚か者はどうしてよいのかわからない。ごろつきどもが親切顔してやってきて、葬式の真似事をやったのはよいが、家の中を引っ掻き回して大事な金や証文なんかを根こそぎかっさらった。あげくのはてにはその家に居座って、ここはお前の家でないからさっさと出ていけ、と言う。
「何言うか、これは昔からおらの家だべ。」
「この馬鹿が、この証文が読めないか、読めないな。ここにはな、この家は俺の物だと書いてある。」
もはや何を言っても相手にもしない。愚か者はごろつきどもにさんざん殴られて、長年住み慣れた家を追い出されてしまった。

愚か者はおいおい泣いて、俺は馬鹿だ、本当の馬鹿だ、とその時初めて気が付いた。生きていてもしかたないと、裏の山の松の木で首をつろうとしたが、首をつったら苦しくなりそうだからやめた。崖の上に上がってみて下を覗いたが、落ちたら足が痛そうだからやめた。川で身投げしようとしたが、水が冷たくて風邪ひいたら困るからやめた。というわけで、死にきれんでおった。ぼんやり一人河原に座っていたら、目の前に木切れが一つ転がっている。拾ってみると両手の中への納まり具合がちょうどいい塩梅で、なんとなく懐に入れて持ち歩くようになった。

愚か者はそれから乞食をしておった。なかには憐れんで飯や着る物まで恵んでくれたりした人もいた。あるとき懐から取り出した木切れをなでていると、それを見てある人が言ったことには、飛騨という所の山奥にえらい坊さんがおって、どんな木にでも仏を彫ってくれる、そこにそいつを持って行って仏様を彫ってもらったらいいぞ。
そこで愚か者は旅立つことにした。

それはそれは大変なことで、路銀もなければ 飛騨がどっちの方角かもわからない。あちらこちらで施し物をもらい、道を人に聞き聞き、時には田畑の作物を失敬しながら、歩き歩き、隠れるように野宿して、朝陽があがればまた歩き、たまにお寺に泊めてもらえることがあっても朝には歩き、野宿して歩き、雨が降っても歩き、一休みしてはまた歩いて、ようやく飛騨の山中にたどり着いた。
出会う村人達に懐から取り出した木切れを見せて、これに仏を彫ってもらいに来た、と言ってまわったが、皆首を振るばかりであった。ようやくある老人が、木切れにも仏を彫るお坊様がいるにはいたが、その人は300年以上の昔死んでしまって、もはやこの世にはいない、と言った。驚いて泣く愚か者を、老人は古い観音堂に連れて行って、その300年前の仏像を見せてくれた。愚か者はお堂いっぱいに立ち並ぶその仏像を見ているうちに、長旅の疲れがどっと出て、横になって眠ってしまった

愚か者は夢を見た。

お堂の扉が開いた。そこには、泥に汚れ、擦り切れてあちこち穴が開いたぼろぼろの墨染の衣を着て、腰には荒縄をまき鉈を下げ、素足に粗末なわらぞうりを履いただけのお坊様が立っていた。お坊様は力強い足取りで堂の中に入ってきた。愚か者の前で立ち止まり、その顔をじっと見た。そして赤黒くひびわれたごつごつの手をさしだした。
愚か者は懐から木切れを取り出してお坊様に手渡した。お坊様は木切れをじっくり見た。ドスンと土間に腰を落とすと、腰からなたを取り出してザクザクと刻みはじめた。木屑がぱらぱらと床に落ちた。ざっと大まかな形ができると、こんどは小刀に持ち替えてコリコリと細かく彫っていく。顔を仕上げ仏像はできあがった。お坊様は出来上がったばかりの仏像を床に立て、両手を合わせ一言、南無阿弥陀仏、と唱えた。それからその仏様を愚か者の手に渡した。
愚か者は仏様を両手で押し頂いてじっと見入った。刃を当てただけで作った仏様のお顔は、それは優しいお顔であった。見ているうちに、それは生まれてこのかた見たことのない、彼のためのほほ笑みになった。

「おっかあ」

愚か者は自分の声ではっと目を覚ました。堂内には誰もいない。
懐を探ると木切れがある。恐る恐る取り出してみるとそれは仏像ではなく、元のままの木切れであった。愚か者は恨めしげにじっと木切れに見入った。見ているうちに、その顔はぱっと明るくなり、輝きだした。
「この木の中に、仏様がおる。この木の中に、仏様がおられるべえ。」
そうして大声をあげて笑い、堂を出て村中を飛び跳ねるように踊り狂った。
「この木の中に、仏様がおる。この木の中に、仏様がおられるべえ。」
村人たちは、泣き笑いしながら踊り狂う愚か者を見て、とうとう気がふれたと思った。あわれんで食べ物を恵んでやった。
愚か者は喜んで答えた。
「これでオレは生きていける、この仏様と一緒に生きていけるべえ。」
愚か者は食べ物でおなかをいっぱいにすると、村を出て大きな世界へと踊るように歩いていった。村人たちは、単なる木切れをあんなにありがたがるとは、かわいそうな若者だと語り合ったそうだ。どんとはらい。

・・・・・・・・・・・
参考文献 特別展 飛騨の円空 千光寺とその周辺の足跡 東京国立博物館2013
       歓喜する円空 梅原猛 新潮文庫

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

ユーカリ
2018年01月19日 00:22
今晩は。愚か者のお話は、やはりロドルフォさんが作られたのでしょうか。豊かな想像力…仏を掘ったもらえないと知ったときの様子には、涙が出ました。仏様一体、そうでなくてもありきたりな物にも、確かに必ず物語があるのだと思いました。
管理人
2018年01月20日 22:43
彫る前の木や石に像が埋まっていて、自分は余計な部分を取り除いているだけだ、と彫刻家がコメントするのを聞くことがあります。それにひとひねり加えてお話を作りました。なかなかのできばえと密かに自画自賛していました。ただ、この発想既に過去になされているのではないかと、危惧しておりました。
ユーカリ
2018年01月21日 14:42
大変新鮮でした!ストーリーは似ていませんが、手塚治虫の、火の鳥・鳳凰編…仏師が登場するので、その世界観も思い出してうっとりしました。

この記事へのトラックバック